漫画、猫人間暮らし。

猫の母娘(ちよ、くー)、ハムスターのひまわり、人間のふわふわしたコマ漫画です。あとイラストや雑記。人間が若干患いがちな為、字が読みづらいと言うことは平身低頭にてお詫び致します、、!

普遍、培養、暗示、解放。

粗衣纏い下僕引き下がりては土踏まず


盛りを迎えて花辿るは滅するのみの哀れな道


精緻と洗えば儚きは誠にも通じる千差万別


馬耳東風の愚かさは超越者の甘言に下敷きとされるか



空は良い



億の人の気も知れず、時に残さず非道になれるのだから


飛沫は肉体を散らし、風は舞上げ塵も美となすか


焦がれるは風光明媚な其れではなく


はしたない人の欲である


風上もましてや下すら見初めぬ


それでいて下卑た生の物


おこがましやと渇いた笑いを立てる暇があるならば


私はそうっと雫を流そう


知らぬ知らぬと言が行き交えば


岬で声を削ぎ落としてしまおう


呪いと云う囲いを知り尚先を求めてしまえば闇は嘲笑うか?



いいや、いいや



口角を崩す闇などは幻想なのだと悟りたまえ


夜に取り込まれそうになれば、表情を変じてみれば良い


眼に与える刺激は痛みばかりではなく、柔らかな草であることも気付いてみたら良い


取り留めない言の葉が掃いて捨てる程バラまかれ困り果てたなら



静かに一枚口ずさんでみて欲しい


嗚呼そうだ、それは己の欲の権化


あ、でも、ん、でも


破綻の棒を傾けて


私は脈を拾うだろう



解せぬ解を解す為――故




痛むポエムもたまに投下します。すみません。、、、。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。