漫画、猫人間暮らし。

猫の母娘(ちよ、くー)、ハムスターのひまわり、人間のふわふわしたコマ漫画です。あとイラストや雑記。人間が若干患いがちな為、字が読みづらいと言うことは平身低頭にてお詫び致します、、!

忘却のおもひで

彼の寝床は小高い丘のてっぺん。


澄んだ空気や小川のせせらぎを枕に眠っている。


今年で六十二年、ちと寝過ぎじゃないかと呆れる位長い間。


彼が最期まで渇望した水をかけてやると、今日もまた忘却の彼方から呼び覚まされる。



あの日俺が強く引き止めていれば、お前はまだ隣にいてくれただろうか。


手柄なんかいらなかった。


家族の為に己を投じた事は承知の上だ。


だが、お前の命より大切な物なんかない。


今も、俺には。


ああ、お前の願い通り奥さんも子供も幸せにやってるよ。


…お前の願い通り、俺が彼女と結婚したんだ。


孫だって生まれたし、ベテランお爺ちゃんだ。


…お前だけだな、変わらないのは。


冷たい石の下、未だ二十三歳のお前は何を考えてる?


お国の事か?家族の事か?


…永遠に続く夢の一幕に、俺の出番はあるだろうか?



なあ、最近急に昔の事が思い出されるんだ。


忘れた筈のお前の事を。


…そして今の記憶の様に、急に消えるんだ。






「會田さん探しましたよ。毎年毎年、どなたのお墓参りなんですか?」


「…さあ、誰だったかな」



忘れてしまったけれど、思い出す日がある。



八月十五日



知らない誰かに思いを馳せて。




終戦記念日にアップし忘れた詩です。

一応BLなんですが、純粋な思い出として書いたつもりです。

戦争経験者が高齢化してる今、生きていても忘れてしまう想いもあるのかな、、。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。