漫画、猫人間暮らし。

猫の母娘(ちよ、くー)、ハムスターのひまわり、人間のふわふわしたコマ漫画です。あとイラストや雑記。人間が若干患いがちな為、字が読みづらいと言うことは平身低頭にてお詫び致します、、!

偽りのまごころ※GL

桜みたいに綺麗な人だ。


小説の類を一切読まない私は、気の利いた言葉を知らない。


だから、春を魅せる花に喩えたりする。


凡庸な感想。


本当はもっと、飾った形容をしてあげたいのに。


でも、飾れば飾る程に言葉は嘘臭くなるから、別に良いとも思う。


――けれど。



近所だからと書斎代わりにしてる図書館で、彼女を見つけたのはひと月前、8月の始めの事。


私は図鑑だの科学雑誌だの、兎に角物語ではない本を読み漁っていた。


創作は嫌い。

嘘つきは嫌い。


騙されるのはまっぴらだと思う。


ひねくれている。


性格だから仕方がないが、もう少し可愛く素直になりたい。


その時も、蜂のしま模様について調べながら、そんなどうしようもないことを考えていた。


不意に、どこからともなくいい香りがしたから、私は誘われるように顔を上げた。


彼女が、いた。


真正面の席に、花瓶に生けられた桜みたいに座っていた。


桜はあまり花瓶には生けないけれど。


花の種類は馬鹿みたいに詳しい私だけれど。


硝子に光る水を吸って咲いてる桜に見えたから、生けた桜で良いのだ。



彼女に、私は見とれた。


男女に関わらず、人間に見とれたのは初めてだった。


人間は――偽りなのに。



桜を切り正直に名乗り出た馬鹿は誰だったか。(もっともあれも嘘の話らしいが)


その馬鹿の行動が示すように、嘘はいけないのだ。


誰かを騙すのは良くない事なのだ。


しかし、人は嘘を善として受け入れている。


それが小説。物語。


泣いたり笑ったり、楽しそうにそれを読む。


そんな彼らを見て、私は心で問うてみる。


――騙されてるのに、楽しいの?


多分、騙されてる事に気付いてないのだろう。


そうでなければそんなに心を露わに出来ない。


被害者意識がないのだ。


ならば、彼らも一員だ。

嘘つきはそうして増殖する。


嘘をつかれてる意識が欠けてるから、彼らもまた嘘をついて行く。


物語のように長い言葉でなくとも、一言でも嘘は嘘。


人を根拠もなく励ましてみたり、誰かを心配させじと見栄を張ってみたり。


嘘を正当化し、見えない傷を付ける。


人の世は嘘で創られている。


だから、私は人にあまり魅力を感じない。


人は誰もが嘘と云う遺伝子持つ生き物だから、人に対しての理解を放棄している。



“対象”ではないのだ。


でも、彼女は異質だった。異常者と云うべきかも知れない。


胸が熱くなり、瞳がそらせない。


――綺麗。


――これは、何?




彼女を見つけてから、不可思議な感情が止むことはない。


彼女の白い肌に目を奪われ、長い睫の揺らめきを数える。


その度に速くなる鼓動。


図書館と云う場所が幸い――もとい災いして――、私は彼女の瞳を捕らえた事はない。


彼女の瞳はいつだって、机に広げられた本に奪われてしまっている。


流行の恋愛小説。


彼女の読むジャンルは一貫してる。


私は虫だの花だの機械だのを見るふりをしながら、心で訊いてみる。


――偽りの恋が、一体何を教えてくれると云うの?


ある日は笑い、ある日は泣いている彼女。


忙しない表情は、桜ではなくその下でそれを見上げる人間のようでもある。


そして、彼女の捲る物語のよう。


嫌いな物はイコールで繋がる。


でも、彼女は式に当てはまらない。


正式が機能しない。


彼女は確かに綺麗だ。

しかし、だから何だと云うのだ。


世界は美しい物であふれている。


彼女でなければいけない理由はない。


彼女は選択肢のひとつ。


真実じゃない。


それなのに、私はどうしても彼女から心を離す事が出来ない。



偽りに注がれる眼差しを、欲してしまう。


――私を、見て。


ヒトゲノムに無数の爪跡を立て、私は彼女を乞うていた。




季節外れの桜を見つけてひと月、花は突然咲く事を止めた。


彼女は、図書館に来なくなった。


私はいつになく狼狽した。

胸が苦しくなり、目の奥に熱を覚えた。



小さな図書館を早足で歩き回る日々。


でも、彼女は何処にもいない。


何日経っても、会う事は叶わなかった。


探す事に疲れた私は、彼女の読んでいた本に手を伸ばしてしまった。


物心ついてから、一度も触れようとはしなかった小説のページを、開いてしまった。


下らない、馬鹿の恋愛が描かれている物語。


――でも、私はシンクロしてしまった。


嘘であると解りきった物語に、感動を覚えた。


主人公の心が、痛い位に伝わってきたのだ。


――私は――


読み終えて俯くと、何かが落ちた。


――涙。


どうして私は泣いているのだろう。

嘘つきは嫌いなのに。

私はまんまと騙されたのか。

私も嘘つきのひとりになるのか。


――違う。


嘘が嫌いなら、この心を否定してはならない。


私は知っている。

主人公の感情を、胸の痛みを。


虚構の世界に、知らない心の名前があった。



夏の桜、偽物の花。


私も既に、人だった。


――貴方が、好きでした。


偽りの言葉を借り、私はひとり、まごころを告げた。



end


片思いでおわる百合。

たまには良いかなあと(;^ω^)

そう言えば乃木坂の西野七瀬ちゃんが卒業しますね。私、知人に似てると言われたよ!婆舞い上がったよ!でも知人はまいやん推しだよ!なんだそれ!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。