漫画、猫人間暮らし。

猫の母娘(ちよ、くー)、ハムスターのひまわり、人間のふわふわしたコマ漫画です。あとイラストや雑記。人間が若干患いがちな為、字が読みづらいと言うことは平身低頭にてお詫び致します、、!

命の別状

去年の夏、私は拒食症によるミネラル不足で、玄関から出ることも、排泄にすら困窮する状態でした。


顔面含め全身が吊り、救急病院へ行きました。後日正式に病院に行くので、その為にも処置をしてもらいたかったのです。

しかしその日の担当医は、私が病院の車椅子で部屋に入るなり目も合わさず、数値だけを見てこれぐらいなら大丈夫と言いました。私は点滴をしてほしいと言いましたが、それほどのことではない、と笑われました。


翌日、私は立つことすら出来なくなり、救急車で搬送され、二ヶ月近く入院しました。


ちなみにその日の担当医の名前を忘れていたので問合せたところ、たらい回しにされたあげく教えてはもらえませんでした。


小さなお子さんが熱を出し不安に陥る親御さん、それと同じくらい救急を要する場所に行く意味を考えてほしいと思います。

数値から見て端的に死にはしないでしょう。ですが、一人暮らしで部屋の中で歩けなくなり、顔面が吊り上がりしゃべれなくなる恐怖。


・・・あ、これ孤独死パターンだわー、、なんて笑えねえから!!

名前くらい出せ何がクレームなら病院にだ!!病院には感謝しかないよほんと!あの気持ち悪いうすらロン毛親父に怒ってんだよー!!禿げろー!!(暴言)


勿論迷惑な患者もいるでしょう。

しかしどんなに弱っても、要望を言えない人間もいます。


動物もそうで、泣きわめいてうるさかったのはわかりますが、術後の対応とかきちんと説明してほしかった、、。

ネットで調べタヨ!腹切ってんだから心配しかないよ禿げ!(確定)


えーと、病院は選びましょうと言う話でした。





なるようにしかならない、、わかるか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。